斜阳(斜阳)(日文版)_太宰治

斜阳(斜阳)(日文版)_太宰治

斜陽 太宰治 一 朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、 「あ」 と幽《かす》かな叫び声をお挙げになった。 「髪の毛?」 スウプに何か、イヤなものでも入っていたのかしら、と思った。 「いいえ」 お母さまは、何事も無かったように、またひらりと一さじ、スウプをお口に流し込み、 すましてお顔を横に向け、お勝手の窓の、満開の山桜に視線を送り、そうしてお顔を横に 向けたまま、 またひらりと一さじ、 スウプを小さなお唇のあいだに滑り込ませた。 ヒラリ、 という形容は、お母さまの場合、決して誇張では無い。婦人雑誌などに出ているお食事の いただき方などとは、 てんでまるで、 違っていらっしゃる。 弟の直治 《なおじ》 がいつか、 お酒を飲みながら、姉の私に向ってこう言った事がある。 「爵位 《しゃくい》 があるから、 貴族だというわけにはいかないんだぜ。 爵位が無くても、 天爵というものを持っている立派な貴族のひともあるし、おれたちのように爵位だけは持 っていても、貴族どころか、賤民《せんみん》にちかいのもいる。岩島なんてのは(と直 治の学友の伯爵のお名前を挙げて)あんなのは、まったく、新宿の遊廓《ゆうかく》の客 引き番頭よりも、もっとげびてる感じじゃねえか。こないだも、柳井《やない》 (と、やは り弟の学友で、子爵の御次男のかたのお名前を挙げて)の兄貴の結婚式に、あんちきしょ う、タキシイドなんか着て、なんだってまた、タキシイドなんかを着て来る必要があるん だ、それはまあいいとして、テーブルスピーチの時に、あの野郎、ゴザイマスルという不 可思議な言葉をつかったのには、げっとなった。気取るという事は、上品という事と、ぜ んぜん無関係なあさましい虚勢だ。高等|御《おん》下宿と書いてある看板が本郷あたり によくあったものだけれども、じっさい華族なんてものの大部分は、高等|御乞食《おん こじき》とでもいったようなものなんだ。しんの貴族は、あんな岩島みたいな下手な気取 りかたなんか、しやしないよ。おれたちの一族でも、ほんものの貴族は、まあ、ママくら い

のものだろう。あれは、ほんものだよ。かなわねえところがある」 スウプのいただきかたにしても、私たちなら、お皿《さら》の上にすこしうつむき、そ うしてスプウンを横に持ってスウプを掬《すく》い、スプウンを横にしたまま口元に運ん でいただくのだけれども、お母さまは左手のお指を軽くテーブルの縁《

Word文档免费下载Word文档免费下载:斜阳(斜阳)(日文版)_太宰治 (共73页,当前第1页)

斜阳(斜阳)(日文版)_太宰治相关文档

最新文档

返回顶部