日本过冬至的传统饮食习俗

日本过冬至的传统饮食习俗

日本过冬至的传统饮食习俗

编辑点评:中国人过冬至会吃饺子和汤圆,那日本人会做么过呢?按照日本民俗,他们则会吃南瓜、泡柚子澡,既有养生功效,又有提升运气的寓意。来给大家介绍一些不得不知的冬至豆知识。

冬至といえばかぼちゃと柚子湯ですが、風邪の予防や語呂合わせばかりが理由ではありません。みんなの運が上昇してくる日だからこそ、知らないと損する冬至の豆知識。

(在日本)说到冬至就会想到南瓜和柚子澡,但这并非仅仅是一语双关或预防感冒,还是大家的运势会逐渐上升的日子。So,接下来就给大家介绍一些不得不知的冬至豆知识。

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを「運盛り」といって縁起をかついでいたのです。運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあます。

日本有种说法,冬至食用以“ん”结尾的东西能招来好运。胡萝卜、白萝卜、莲藕、乌冬、银杏、金橘……等等以“ん”结尾的食物都是与兆头有关的“吉祥食物”。吉祥食物不仅寓意好,还包含有储备营养度过寒冬的民间智慧。

なぜ、かぼちゃを食べるの?

かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。また、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです。

为啥要吃南瓜?

かぼちゃ写作汉字就是南瓜。作为一种吉祥食物,有从阴(北)转向阳(南)的涵义。而且南瓜富含维生素A和胡萝卜素,可以有效地预防感冒和中风(脑血管疾病)。本来南瓜的收获季节是夏季,但可以长

Word文档免费下载Word文档免费下载:日本过冬至的传统饮食习俗 (共4页,当前第1页)

日本过冬至的传统饮食习俗相关文档

最新文档

返回顶部